質屋の質預かりとはどういうものか?

質預かりとは、お客様が持ち込んだ品物を質屋が質草として預かる代わりに、その品物の査定額の範囲内でお客様にお金を融資することです。

質預かりの期間は3ヶ月と決まっていて、この期限内に質料(利息)と元金を質屋に払えば受け戻しといってお客様にいつでも品物は戻ってきます。

質屋にお金の返済をしない場合は、質草になった品物が質流れといって質屋に品物の権利が移ることになります。

お金の返済は間に合わないが、品物の権利も失いたくないというお客様は、質屋に質料(利息)を払って質預かりの期間を延長してもらうことができます。

ボーナスなどまとまったお金が入って全額返済するときまで、質料(利息)を払い続けて質預かりの期間の延長を続けることもできます。

もし、お金の返済をしないで質草が3ヶ月の期限を過ぎて質流れになった場合、質屋からの取り立ては一切ありませんから安心です。

しかし、質草が質流れになるときも質屋から連絡はありませんので、品物を失いたくないお客様は質預かりの期限をよく覚えておきましょう。

質屋特有のこの質預かりのシステムを利用すれば、急にお金が入用になったときでもすぐに対処できるので非常にありがたいですね。

このシステムを利用して品物の保管をするということもできますので、保管場所をお探しの方は考えてみるとよいでしょう。